10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. » 12

ものづくり支援隊 of いちはら自然樂校

いちはら自然樂校のホームページを開設しました。
アドレスは、http://ichiharasen.com/です。
こちらのブログは、4月末をもちまして閉鎖する予定です。

アクセスいただきました方々ありがとうございました。 引き続き公式ホームページのご利用よろしくお願いいたします。

事務局 3/30

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

アートトリエンナーレ準備展支援活動(仙台市青葉区) 

Posted on 23:15:34

仙台市宮城野区蒲生地区に被災家屋の一次復旧活動を開始してから7ヶ月が過ぎようとしている。繰り返しになるが、活動初日に活動場所の近所の庭に流れ着いた流木に偶々所持していた1台のチェンソーで施した「ふくろう」カービングが意外にも地元の方々に好評であった。このふくろうは、後に「幸福のふくろう」と名付けられ道路脇に飾られている。そもそも偶然はじまったようなチェンソーアートの活動であった。それがだ、仙台市常禅寺通りの真ん中でチェンソーアートの実演を行うことになるとは思いもよらなかった。仙台市民によると「まずいっしょ、メインストリートでチェンソー回しちゃ!」だそうだ。それもそのはずである。詳細は省くが「杜の都・仙台」を象徴する並木道の1つであり、8月の仙台七夕祭り、9月の常禅寺ストリートジャズフェス、12月のSENDAI光のページェントの際は「光のトンネル」とその景観の美しさから日本の道100選にも選ばれ、路上パフォーマンスやパレードの舞台となる場だそうだ。前置きが長くなったが、震災が起き我々も何か出来る事があるのでないかと自問自答し会員の総意を得て、チェンソーアート仲間の繋がりを辿り始めた活動、その仲間が遺児・孤児支援を行いたいとの申し出にやっと答えられた今回の支援活動となった。当日のせんだいメディアテークは、NPO法人とうほくPPP・PFI協会が企画した、アートによる被災地復興に向けて、祈りを紡ぐ 書と写真のコラボレーション+チェンソーアート展が開催され、校長および陸奥チェンソーアートクラブ阿部音文氏により、市内泉区の造園業者に運び込んで頂いた防潮林であった末口50cmの赤松の流木を使用した作品づくりの実演が行われた。90分という時間を精一杯使い、幸福を呼ぶふくろう(校長)と母子像(阿部氏)が作成され、会員が事前に作成したフクロウ、クマ2体と併せ仙台市に寄贈された。また、この様子を遺児・孤児の男子高校生2名と双子の姉妹の小学生2名が見学し、目を見張った。さらに、現地に赴くことの出来ない会員が作成した応援品であるカービングプランター、チューリップの球根、応援メッセージ、育て方を記した手書きのイラストおよび支援金を添え、当日参加の4名には手渡し、他は南三陸、気仙沼の教育委員会にお願いさせて頂いた。
次回活動は、蒲生に誕生したチェンソーアートクラブの支援活動だ。
 「いつもいっしょだよ、ずっといっしょだよ!!」応援メッセージより





スポンサーサイト
復興支援  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。