04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 06

ものづくり支援隊 of いちはら自然樂校

いちはら自然樂校のホームページを開設しました。
アドレスは、http://ichiharasen.com/です。
こちらのブログは、4月末をもちまして閉鎖する予定です。

アクセスいただきました方々ありがとうございました。 引き続き公式ホームページのご利用よろしくお願いいたします。

事務局 3/30

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

復興支援(仙台市宮城野区) 

Posted on 16:42:12

5月14日(土)より第1回目のものづくり支援隊の活動が開始された。参加者は13名(関東:11名、東北:2名)主な活動場所は仙台市宮城野区付近である。この地域はあまり報道されていないが被害は他の被災地と同様の状況であり、現地に到着するまで車中から見える景色に皆、絶句するも現地入り後の被災された方々の振る舞いに、身を奮い立たせ支援活動にあたったそうだ。支援内容は、個人の家屋の修繕が主な内容だ。内訳は家のサッシ、外壁、床下の清掃、内壁の撤去、排水路の清掃、屋根の雨漏り補修、周辺整理等々数えるときりがない程である。しかし、それは参加しているメンバーのこと黙々と作業を進め、三軒の内一軒を一段落付けたとのこと、参加した樂生(当校会員)、その友人に家主から感謝の念が齎されたことは、伝えるまでもない。
また、庭先に暴風林としての役割を終えた赤松が横たわり、生活を阻害しているとの声を聞き、校長が撤去できるサイズに切り出すついでに記念品にとなればと、梟をチェンソーを使用し彫り上げプレゼントした。これが、周辺住民に非常に好評で、近所だけなく避難所にも持ち込まれ、集まった人に笑顔を齎した。本来プロのカーバーであり、自分の胴回りの何倍もある原木を作品に仕上げてきた校長、東北より参加頂いている阿部氏である。皆の笑顔が繋がればと日が落ちるまで9体の作品を仕上げ、プレゼントした。
次回は6月、被災地入りする予定である。

事務局



スポンサーサイト

テーマ - 災害ボランティア

ジャンル - 福祉・ボランティア

復興支援  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。