04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. » 06

ものづくり支援隊 of いちはら自然樂校

いちはら自然樂校のホームページを開設しました。
アドレスは、http://ichiharasen.com/です。
こちらのブログは、4月末をもちまして閉鎖する予定です。

アクセスいただきました方々ありがとうございました。 引き続き公式ホームページのご利用よろしくお願いいたします。

事務局 3/30

△page top

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告  |  -- trackback  |  -- comment | edit

△page top

日本経済新聞(【写真特集】東日本大震災)掲載 

Posted on 14:33:25



事務局

スポンサーサイト
Publicity  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

河北新報社掲載記事 

Posted on 22:30:24



事務局

テーマ - ボランティア活動

ジャンル - 福祉・ボランティア

Publicity  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

カービングの仲間の絆 「被災地救済チェーンソーカービング講座」の開催 

Posted on 21:48:40

カービングの仲間の絆
「被災地救済チェーンソーカービング講座」の開催

 私はチェーンソーで丸太を加工し、ログハウスや木彫りをする事で生計を立てている。そんな自分にできることで、被災地の役に立てることは何だろうと考えた。
 すぐに思いついたのが、「被災地救済チェーンソーカービング講座」の開催。同時にチャリティーオークションも行い、救済金として送ることに決めた。
 カービング講座は、月に一度開催していることだから、段取りはいつもとあまり変わらない。しかし、いつもどおりではないことがたくさんあった。普段利用している会場や、材料となるスギ丸太などは、提供者から協賛を得ることができたため、経費ゼロで準備できた。そして、収益の全額を救済金として送ることができることとなった。
 今回のカービング講座の参加者は23名だった。講座の後、オークションを開いた。受講者が彫った作品と、私の作品25点、関西地方などから作品の提供があり、計60作品が集まった。競売参加者や観客も含めると120人を超える人たちが集まり、市長まで参加して、大いに盛り上がった。
 集まった、お金は96万円。受講費とオークションのほかに募金する人も少なくなかった。
 今回の活動でさっそく波及効果が出ている。オークションに作品を提供してくれたカーバー仲間が、チャリティーイベントを開催するそうだ。
 よき出会いが絆を生む。改めて木とチェンソーを愛する仲間たちの絆を感じる。この想いをしっかりと被災地の仲間に届けたい。

いちはら自然樂校
栗田 宏武

全国林業改良普及協会2011年6月号投掲載記事

テーマ - 東北地方太平洋沖地震義援金、災害援助

ジャンル - 福祉・ボランティア

Publicity  |  0 trackback  |  0 comment |  edit

△page top

プロフィール

カレンダー

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。